メニュー

ITF-2現状報告 / Notice regarding current state of ITF-2

2018-10-12 - 一般情報/General Post

ITF-2現状報告

ITF-2は2つの通信系統を持ち、A系統が主に運用で使用する通信系統、B系統が超小型アンテナ実証試験のための通信系統となっております。

ITF-2はA系統とB系統を50分周期で通信系統の切り替えを自動で行う仕様になっていますが、現在、筑波大学地上局においてITF-2A系統からの電波が2018年9月22日から受信できておらず、常時B系統に固着されている可能性があります。

現在、原因を究明するとともに、ITF-2をB系統からA系統に切り替えるための運用を行っております。
A系統からのCW受信に成功した方がいらっしゃいましたら、受信報告をしていただけると幸いです。

皆様からの受信報告をお待ちしております。


Notice regarding current state of ITF-2

ITF-2 has two communication systems (system A and B). System A is mainly used for basic operation. System B, on the other hand, is an experimental system to demonstrate the ultra-small antenna for CubeSat.

ITF-2 is configured such that it switches automatically between system A and system B with 50 minutes cycle. We have not received signal from system A since 2018/09/22. It seems that ITF-2 always transmits signal with system B.

We are finding the cause and operating ITF-2 to switch from system A to system B.
If you succeed in receiving signal from system A, we would appreciate it if you could send your reception report.
Your reception report may help us figure out the problem.

Thank you for your cooperation.