Menu

ミッション

ITF-2では以下の3つのミッションを掲げています。

1.「結」ネットワークの構築
「結」ネットワークとは、「衛星から送られてきたデータを受信した」という体験を共有することで、普段の生活では接点のない人々を「結ぶ」ネットワークです。衛星信号受信という共通体験をきっかけとして、地球規模での交流の機会を獲得できるようなネットワークシステムを提供することが「結」ネットワークのミッションです。
本衛星は受信しやすいFM で衛星内部情報を送信します。世界中の人々に刻々と変化する衛星の情報を直接受信するという面白さを提供することで、科学と宇宙への興味を持ってもらうことが私達の目標です。Webサイトから受信報告をしてもらうことで、世界中の衛星信号を受信した人々とのコミュニケーションができます。
また、本衛星ではFM を使用したモールス符号に加えて、より多くの人が親しみやすいようアナログ音声もダウンリンクしています。アナログ音声を利用することで、モールスに関して知識がない人でも、直感的に情報を理解し受信する面白さを感じられます。

pic2
本衛星が各種衛星内部情報を発信

pic3
地上局から衛星へメッセージを送信、世界各地で受信

pic4

受信報告をする

pic5
インターネットを通じて受信報告を共有

pic6
世界の人々とつながりを形成

2. 超小型アンテナ(パッチアンテナ)の動作実証
アマチュア無線帯向けの超小型アンテナを、開発済みの315MHz帯向けのアンテナを基に製作してITF-1に搭載しました。それを改良したものをITF-2に搭載し、送受信の実証試験を行います。

pic7

ITF-1の超小型アンテナ(パッチアンテナ)

3. 新型マイコンの動作実証
これまでの超小型人工衛星においては放射線耐性などから実績のあるPIC マイコン(マイクロチップテクノロジー社製の超小型マイクロコントローラ)などが多くされています。しかし近年では、FRAM(強誘電体を利用した不揮発メモリ)マイコンが開発され、従来のフラッシュマイコンに比べて放射線耐性が高いと謳われています。こうした新しいデバイスを宇宙空間で安定に使用できることを実証することがミッションの一つです。

pic8
新型マイコン

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>