ITF-2の概要

ITF-2について

ITF-2は,筑波大学「結」プロジェクトが開発している超小型人工衛星です.

2014年9月に平成28年度上期打上げ機会「きぼう」放出超小型衛星に選定され,開発が進められてきました.打上げ機会の選定についてはこちらをご覧下さい.

2016年度上半期に国際宇宙ステーション(ISS)の「きぼう」日本実験棟へ打上げられ,「きぼう」日本実験棟から宇宙へ放出されます.

ITF-2は1号機であるITF-1の基本的な設計を引き継ぎながらも,電源を初めとした衛星全体の信頼性向上とミッション達成に向けたダウンリンク情報のバリエーション増加が行われており,ITF-1に比べてパワーアップした人工衛星です.

諸元

名称ITF-2
愛称結2号
サイズ1U(110.5×108.0×111.5mm)
質量約1.39kg
衛星→地上の送信周波数430MHz帯(モールス・音声・AFSK)
地上→衛星の送信周波数144・430MHz帯(AFSK)
軌道高度約400km・軌道傾斜角51.6°
運用期間(予定)3〜6か月
ITF2 picture

システム

ITF-2は図のようなシステムで構成されています.

さらにこれらのシステムを次に示す「系」に分割し,分担して設計・製作・試験を実施します.

  • 電源系
  • 通信系
  • 地上局系
  • C&Dh系
  • 熱系
  • 構造系
  • 姿勢制御系